屋内型トランクルーム

屋内型トランクルームの特徴は?

会社でいろいろな資料を保管していても、保管する量が増えてくると会社内ではなかなか保管場所が無くなり、困ってしまいます。そんな時に活躍してくれるのがトランクルームです。トランクルームも大きく分けると…

詳しくはこちら »

屋内型トランクルームのメリット

部屋に収納スペースが少ない人にとって、貴重な存在となっているのがトランクルームです。トランクルームには大きく分けて2種類があり、屋外型と屋内型があります。駐車スペースから直に運び込むことが出来る・…

詳しくはこちら »

屋内型トランクルームのデメリット

捨てるに捨てられない普段は使わないものや思い出の品、年月とともにどんどん溜まってきますよね。部屋を片付けたいけど物が溢れてどうしようもないと困っている人はいるのではないでしょうか。そんな人にお勧め…

詳しくはこちら »

屋外型トランクルーム

屋外型トランクルームの特徴は?

住宅内には一定の収納スペースがあるでしょうが、さらに荷物が多くなると徐々に居住部分に荷物を置くようになります。居住部分が狭くなると生活の質が落ちるため、より広いところに引っ越そうと思うかもしれませ…

詳しくはこちら »

屋外型トランクルームのメリット

トランクルームには、おおまかに分けて屋内型と屋外型があります。屋外型トランクルームは温湿度管理がしづらいというイメージとコンテナが積み上がっている外観の印象、またセキュリティに対する不安から屋内型…

詳しくはこちら »

トランクルームの活用法

トランクルームは、趣味のものやオフシーズンのものなど、自宅で置ききれない大事な品物を保管することができます。

屋外型トランクルームのデメリット

空調はなく砂ぼこりなどが入りやすい

家に荷物を置けなくなったとき、トランクルームを利用すれば割安で物が置けるようになります。トランクルームのタイプとして屋外型があり、街中でも見かけるかもしれません。仕組みとしては、屋外に置くタイプの家庭用の物置に近いかもしれません。外部からの雨風をそれなりにさえぎれるようになっていて、きちんと扉を閉めれば砂ぼこりなども入り込みにくいです。ただ、屋外にあるので出し入れをするときには砂ぼこりが入りますし、雨などが入るときもあります。濡れたら困るもの、砂ぼこりに弱いものなどを保管するのには適しません。また空調の設備などはありません。冬は寒くて乾燥しますし、夏は暑くて湿度が高いです。温度変化や湿度変化に弱いものも置けません。

防犯性能に問題がある可能性

住宅に物を置くとき、住宅の防犯性能が高ければ盗難などに遭いにくくなります。外部のサービスとしてはトランクルームがあり、屋内型だとそれなりのセキュリティがあります。入館者に一定の制限が設けられるところもあり、大事なコレクションを保管している人もいるようです。屋外型のトランクルームも一応鍵が取り付けられています。しかし特別な鍵ではなく、必ずしも防犯性能に優れたものではありません。盗難を目的とした人に狙われると、簡単に鍵を開けれたり、扉をこじ開けられたりする可能性があります。防犯カメラが設置されているところもありますが、死角が結構あるのでうまく機能しているかわかりません。あまり大事なものを保管するには向かないと言えるでしょう。