屋外型トランクルームのメリット

使い始めてわかる屋外型トランクルームの使いやすさ

トランクルームには、おおまかに分けて屋内型と屋外型があります。屋外型トランクルームは温湿度管理がしづらいというイメージとコンテナが積み上がっている外観の印象、またセキュリティに対する不安から屋内型を選ぶ方がいます。セキュリティに関しては、防犯カメラをはじめ出入りには警備会社がセキュリティを担っているので、堅牢な防犯体制が整っています。

屋外型のメリットの1つに車でコンテナの近くまで乗り入れられることです。屋内型の場合、ビルの中にあるため、車の駐車スペースはあまりないと考えたほうが良いでしょう。駐車場から荷物を運ぶ手間があり、多くの荷物を運ぶ時には大変です。その点、屋外型のトランクルームでは、家具といった大きな荷物でも運べるメリットがあります。

選べるサイズとリーズナブルなプライスで「○」

その他にも屋外型トランクルームのメリットはあります。小規模から大容量の荷物にも対応できるサイズが用意されている点です。転勤や家を新築する際に家具や大きな荷物を預けられる広さのタイプや趣味の道具やアウトドアグッズなど、押入れや物置代わりに使える手頃なサイズも用意されています。

また、屋外にあるため、料金は屋内型と比べ安めに設定されています。温湿度管理を心配される方もいますが、屋内型とは言えトランクルームによっては、温度管理はされていても湿度管理までしていない場合もあります。屋外型トランクルームであっても断熱が施されていたり、通気口があったりと対策がされています。夏の暑い時でも外気温度より低めの温度になるように設計されています。内装に関しても外見のイメージよりはきれいな仕上がりになっているので、使い勝手を事前に確認することをおすすめします。